ソフィアホーム ロゴ

ソフィアホームは、暮らしをつくるハウスメーカーです。

高い耐震性

高い耐震性

耐震性の高い3つの工法

ソフィアホームでは、以下の3つの工法で家を建てることができます。どれを選んでも、建築基準法の1.5倍、 地震の際に地域の避難場所に指定される消防署や警察署と同等又はそれ以上の耐震性を備えています。

ツーバイフォー

枠材と面材が一体となった「面」で建物を支える木造工法。また、家全体が強い一体構造となり、 外部からの力を、分散させながら全体で受け止めるため、地震や台風に強いのが特徴です。また、気密性・断熱性を高く保つことができます。

木造軸組工法

日本で最も一般的な木造住宅の工法です。柱と梁で構造体を作るため、空間の自由度がより高く、 改築時に間取りの変更が可能です。構造体にリクシルの「スーパーストロング構造体バリュー」を採用し、高い耐震性を実現。万一の場合の「耐震補償」も付いています。

RC造

鉄筋工事業をルーツに持つソフィアホームが最も得意とする鉄筋コンクリート住宅です。 コストはかかりますが、耐震性も断熱性も最も高いのがこの工法。遮音性や、家自体の耐久性も高く、自由なデザインが可能です。

ソフィアホームの木造軸組工法は耐震性能最高等級で補償付き。

ソフィアホームでは、木造軸組工法の構造体に、株式会社LIXIILの「スーパーストロング構造体バリュー」を採用しています。

住宅の耐震等級は、建築基準法上は「1」で良いことになっています。しかし、東日本大震災クラスの地震には、 等級1ではその多くが耐えることはできませんでした。ソフィアホームの軸組工法は耐震等級3相当。等級3は、 消防署等防災の拠点となる建物と同じ強度です。万が一地震で全壊した場合でも、10年間は建て替え費用の一部 (最高2千万円)を補償いたします。

スーパーストロング構造体バリューについて詳しく見る
(株式会社LIXILのサイトが別ウィンドウで開きます)

地盤の改良と地盤保証

地盤保証

東日本大震災でも、地盤が傾いて住めなくなった家というのが、数多くありました。 いくら耐震性の高い構造体を建てても、地盤が弱ければ意味がありません。ソフィアホームでは、 精度の高い地盤の調査を行い、必要であれば地盤の改良工事を行います。改良工事を行った場合は、 10年間の地盤保証をお付けし、万が一期間中に倒壊しても、最大5,000万円までの修復費用が支払われます。

SOMETHINGの地盤保証サービス「THE LAND」について詳しく見る
(株式会社サムシングのサイトが別ウィンドウで開きます)
問合せフォームへ
Copyright(C)Sophiahome All Rights Reserved